株式会社アメニティライフは在宅サービスから入所サービスまで総合的にサポートいたします。

福岡の住宅型有料老人ホーム、デイサービス、介護付有料老人ホーム、グループホーム、ケアステーション、ケアプランセンター

文字サイズを
変更できます

  • (小)
  • (中)
  • (大)

総合福祉施設ふれあい/株式会社アメニティライフ

お問い合わせ 092-918-2007

事業所一覧

太宰府エリア

宇美エリア

ご案内

スタッフブログ
桜寿福祉会

トップページ >> 会社案内

会社案内

会社案内

株式会社アメニティライフの会社情報をご案内いたします。

ごあいさつ

代表

株式会社アメニティライフ
代表取締役社長 山口高史

私は、医療機関で30年間、リハビリテーション医療に携わっており、また、最後の約4年間を特別養護老人ホームや老人保健施設で医療・福祉の仕事をしてまいりました。その集大成として、自分自身の手で、理想とする介護保険事業を立ち上げることを決心いたしました。

西暦2000年に介護保険がスタートいたしまして、当初は3兆円台の予算でスタート致しましたが、2025年では20兆円台に突入すると言われています。

また、厚生労働省は介護療養病床を削減する計画です。それと同時に、医療費抑制政策を勧めており、医療崩壊が進みつつあります。

平成20年11月12日の「安心と希望の介護ビジョン報告案」の中に、地域住民の方々が24時間365日、安心して生活できるような基盤整備や在宅生活でのリハビリテーションの強化などを謳っております。介護保険の役割はますます大きくなっていくでしょう。

超高齢化社会として世界から注目を集めている日本では、高齢者人口が2040年に向けて増え続け、その後も3400万人を超えた状態が続くとみられています。

介護施設では、顧客満足を追及したコンセプトづくりや、ニーズに合わせたサービスを構築しなければなりません。今後、お客様に選ばれ続ける施設であるためには、サービスの質の高さとともに、誰がみても分かりやすくアピールできるものであることが重要です。

又、高齢者人口の増加とともに、認知症高齢者の数は2025年には700万人に上り、5人に1人の高齢者が認知症になるという推計を基に厚労省は、今後の方針として「認知症施策推進総合戦略」を打ち立てています。

ここには、認知症の方が認知症とともによりよく生きていくことができるよう環境整備を行っていくことが求められていると明記されています。今後、益々認知症介護を視野に入れた効率的な施設運営が必要となります。

高齢者人口の増加とともに就労人口の減少も大きな課題です。経産省は2025年には31万人、2035年には68万人の介護人材が不足すると予測しています。介護事業の安定運営のためにはスタッフの定着も重要課題のひとつです。そのためにも若い人材から選ばれる「やりがいのある職場づくり」を目指していきます。

今後、大激変が避けられない医療・介護保険事業者は医療・介護を統合する「地域包括システム」の本格的導入を控え、医療の制度改正・報酬改定の動向にも目配りしつつ、一歩先を読む先見性に基づいた経営を目指していきたいと考えています。

会社概要

会社名 株式会社アメニティライフ
所在地 福岡県太宰府市向佐野4丁目16-1
電話番号 092-918-2007
代表者名 山口高史
事業内容 介護保険事業

このページの先頭へ戻る ↑

株式会社 アメニティライフ

福岡県太宰府市向佐野4丁目16-1 TEL:092-918-2007